ウィークリーセミナー スケジュール

9月よりJFMA研究部会公開セミナーとしての「JFMA FM 秋の夜学校」シリーズが、ウィークリーセミナーの一環として催行されます。スケジュールは決まり次第順次公開していきます。

第1回 第2回 第3回 第4回

 9月19日(水)

初心者のための
【FM 秋の夜学校 第1夜】

【満員御礼!】
(1)_ユニバーサルデザイン研究部会
(2)_こころとからだのウェルビーイング 
研究部会


[WS0546/WS0547]
 9月26日(水)

初心者のための
【FM 秋の夜学校 第2夜】

【満員御礼!】
(1)_エネルギー環境保全マネジメント
研究部会

(2)_キャンパスFM研究部会

[WS0548/WS0549]


















10
10月10日(水)

初心者のための
【FM 秋の夜学校 第3夜】


(1)_オフィス・ワークプレイスの
知的生産性研究部会

(2)_人と場への
FM投資価値研究部会

[WS0550/WS0551]
10月17日(水)

初心者のための
【FM 秋の夜学校 第4夜】


(1)_リスクマネジメント研究部会
(2)_ヘルスケアFM研究部会


[WS0552/WS0553]
10月24日(水)

【特別セミナー】

「1984年に訪問したFMI」
〜FMのルーツを探る〜

名古屋大学
名古屋市立大学
名誉教授 柳澤忠氏


[WS-SP]
10月31日(水)

初心者のための
【FM 秋の夜学校 第5夜】


(1)_CREマネジメント研究部会
(2)_FM財務評価手法研究部会


[WS0554/WS0555]

※ ウィークリーセミナーのスケジュールは予告なく変更することがあります。ご了承のほどお願い申しあげます。
※ 各回の定員は20〜30名。時間は18時15分〜20時予定。(見学会は別途設定)
※ 開催場所は原則JFMA会議室。(見学会は現地集合)
※ 参加費は会員2,000円、一般3,000円です。当日現金または回数券にてお支払い下さい。
※ セミナーの受講者はファシリティマネジャー資格更新ポイントを1講座につき1ポイント取得できます。
 ご希望の方はセミナー当日ポイントカードをご持参ください。ポイントカードをお持ちでない方は、当日受付にて新規交付を受けられます。

※定員制のセミナーで「定員満員にて受付終了」の表示があった場合でも、キャンセル等で空きが出ている場合もございます。一度事務局までご相談ください。
 
◆◆2018 FM 秋の夜学校シリーズ◆◆ ※日程は変わることもございます
※ 1か月ごとに順次参加申込受付をしてまいります。現在申込受付中は上記掲載の9月分です。

部会名/タイトル

【第1夜】
9/19(水)
[WS0546] ユニバーサルデザイン研究部会
 「ユニバーサルデザインの基本的知識」
[WS0547] こころとからだのウェルビーイング研究部会
 「ウェルビーイングを実現するためのファシリティマネジメント入門」
【第2夜】
9/26(水)
[WS0548] エネルギー環境保全マネジメント研究部会
 「エネルギーマネジメント最前線」
[WS0549] キャンパスFM研究部会
 「大学のファシリティマネジャーの役割〜キャンパスFMを始めようとする大学のために〜」
10
【第3夜】
10/10(水)
[WS0550] オフィスワークプレイスの知的生産性研究部会
 「AI時代の知的生産性とワークプレイスの展望」
[WS0551] 人と場へのFM投資価値研究部会
 「Happy LivingWork Styleを実現するワクワク「場」つくり−FM投資が生み出すハピネス時空間創造の実践−」
【第4夜】
10/17(水)
[WS0552] リスクマネジメント研究部会
 「施設のリスクマネジメントと緊急事対応」
[WS0553] ヘルスケアFM研究部会
 「ヘルスケアの現場から−押し寄せる情報化の波にFMはどう付き合うか−」
【特別編】
10/24(水)
[WS-SP] 【特別ウィークリーセミナー】 「1984年に訪問したFMI〜FMのルーツを探る〜」
 柳澤 忠 氏(名古屋大学・名古屋市立大学 名誉教授)
【第5夜】
10/31(水)
[WS0554] CREマネジメント研究部会
 「CRE(企業不動産)をいかにマネジメントするか〜個からトータルへのマネジメントへ〜」
[WS0555] FM財務評価手法研究部会
 「FM財務評価の基礎知識」
11
【第6夜】
11/ 7(水)
[WS0556] インフラマネジメント研究部会
 「実務のわかるアセットマネジメント講座」
[WS0557] 公共施設FM研究部会
 「公共施設等総合管理計画策定後の公共FMについて」
【第7夜】
11/14(水)
[WS0558] FMプロジェクトマネジメント研究部会
 「誰にでもできる初めてのレイアウト変更術」
[WS0559] FM戦略・企画研究部会
 「FM戦略の立案と実施のポイント(企業経営から都市経営まで)」
【第8夜】
11/21(水)
[WS0560] コンピュータ活用研究部会
 「建物維持管理とICT・データベース利用」
[WS0561] BIM・FM研究部会
 「ファシリティマネジメントのためのBIM活用ガイドライン」
【第9夜】
11/28(水)
[WS0562] 品質評価手法研究部会
 「ファシリティの品質を評価する〜オフィス評価項目の考え方〜」
[WS0563] 運営維持管理手法研究部会
 「ファシリティマネジャーのための運営維持入門」

 

[WS0548/WS0549] 2018/09/26(水) 【初心者のための FM 秋の夜学校 第2夜】

※ 満員御礼につき、申込み受付を終了しました。たくさんの参加申込み有難うございます。

【第1限目】 エネルギー環境保全マネジメント研究部会 (18:15〜19:00)
【テーマ】 「エネルギーマネジメント最前線」
【概 要】
 世界の潮流が「脱炭素」に向かう中、我が国でも「地球温暖化対策」が閣議決定され、この中でビルエネルギーマネジメントシステム(BEMS)を使った徹底的なエネルギー管理の必要性が示された。
 さらに、電力システム改革の進展により、ビルだけではなく電力供給システムと連携してコミュニティレベルでエネルギー管理を行うCEMSへの期待が高まっている。
 一方、BEMS、CEMSで収集されたビックデータをIoT&AI技術によってFMに活用する方法が模索されはじめている。
 本講座では、エネルギーマネジメントに関わる動向と利用されるシステムの標準化状況を解説すると共に、FMにおけるBEMS、CEMSおよびIoT&AI技術の活用事例について紹介する。

【第2限目】 キャンパスFM研究部会 (19:10〜19:55)
【テーマ】 「大学のファシリティマネジャーの役割」〜キャンパスFMを始めようとする大学のために〜
【概 要】
 大学は、18歳人口が増えない時代に突入するとされる「2018年問題」のなかで、教育の質の向上を踏まえたイノベーション改革、ガバナンス・マネジメントの強化等の、戦略的な大学経営の実質化が求められています。このような中、従前から、大学経営を支援するファシリティマネジメントは、文科省をはじめ各種関係団体から、その必要性が訴えられて来ました。しかし、ごく一部の大学以外においては、十分に活用されて来ませんでした。今回の「秋の夜学校」では、このような状況を踏まえ、これまで、ファシリティマネジメンに取り組まれてこなかった大学を対象に、まず一歩を踏み出すための取組についてお話しします。

※ WS0548とWS0549の共催です。2時限参加でファシリティマネジャー資格更新ポイント1ポイントとなります。

【時間】18:15-20:00 【場所】JFMA会議室 【参加費】会員/非会員共 1,000円

[WS0550/WS0551] 2018/10/10(水) 【初心者のための FM 秋の夜学校 第3夜】

【第1限目】 オフィス・ワークプレイスの知的生産性研究部会 (18:15〜19:00)
【テーマ】 「AI時代の知的生産性とワークプレイスの展望」
【概 要】
 高度情報化・デジタル社会の到来により、ここ数年でワーカーの働き方は変化しつつあるが、本格的にAI等を活用したビジネスが拡がっていくなかで、組織の知的生産性とは何かを改めて考えていく時機に来ている。一方、日本の働く環境は、未だに長時間労働や仕事の格差などの問題を抱えており、業務における情報化が進んでいないのが現実である。今後、意思決定や研究開発、日常のオペレーションに至るまで、知的生産のプロセスが変わっていくと予想できるが、現状の問題とこれからやってくるAI時代とのギャップを整理し、先進事例もふまえながら知的生産性について再考する。そして、最近注目されている知的生産性を高めるためのウェル・ビーイングなワークプレイスのポイントについて紹介していく。

【第2限目】 人と場へのFM投資価値研究部会 (19:10〜19:55)
【テーマ】 「Happy LivingWork Styleを実現するワクワク「場」つくり」
  ― FM投資が生み出すハピネス時空間創造の実践 ―

【概 要】
 「働き方改革」が社会の関心事になっています。ともすれば「働き方改革」とは、長時間労働をいかに短縮してゆくかの議論に偏っている印象があります。残業を無くし、ワークライフバランスのとれた社会つくりを目指すのは素晴らしいことですが、現場実務を担ってきた立場からすると、「働き方改革」を長時間労働だけの問題のようにとらえることには違和感を覚えます。
 今年の「人と場部会」夜学校のテーマは 『Happy LivingWork Styleを実現してゆく「働き方改革」の新思考 − FM投資が生み出すハピネス時空間創造の実践― 』と題して、「働き方改革」の本義と、私たち、社会で働く者にとって今一度「働く」意味と目的、そしてFM投資価値とは何かについて考えてみたいと思います。

※ WS0550とWS0551の共催です。2時限参加でファシリティマネジャー資格更新ポイント1ポイントとなります。

【時間】18:15-20:00 【場所】JFMA会議室 【参加費】会員/非会員共 1,000円
 

[WS0552/WS0553] 2018/10/17(水) 【初心者のための FM 秋の夜学校 第4夜】

【第1限目】 リスクマネジメント研究部会 (18:15〜19:00)
【テーマ】 「施設のリスクマネジメントと緊急時対応」
【概 要】
 近年の都市集中やネットワークの普及により施設のリスクはますます多様性を持つようになりました。東日本大震災・阪神淡路大震災のような地震から、台風・集中豪雨、大規模停電、事件・事故などのハードインパクトから、技術革新による設備の陳腐化、立地要件の変化による市場価値の変化、用途転換や管理形態の変更など様々なリスクが施設の運用管理に大きな影響を及ぼしています。
 また、2020年東京オリンピック・パラリンピックなどのイベントもリスクとして考える必要があります。本セミナーではFM分野におけるリスクマネジメント・事業継続・緊急時対応等の基本的事項に関してお話させていただきます。

【第2限目】 ヘルスケアFM研究部会 (19:10〜19:55)
【テーマ】 「ヘルスケアの現場から ―押し寄せる情報化の波にFMはどう付き合うか―」
【概 要】
 いわゆる医療ビッグデータが注目されていますが、ファシリティマネジャーが関わる病院の情報とは上記に加え『有線や無線でやりとり出来るものすべて』です。最近はどのような変化があるでしょうか。身近なところでは、監視カメラの設置依頼が増えていませんか。数年前と比べ、ニーズが変化しています。経営面では、診療情報や医療統計の分析と可視化。医療の質評価の支援。これもFMの守備範囲と考えます。世界のデータ量は2020年には2000年の6,500倍まで膨らむそうです 。ところが、病院の情報担当者の増員はせいぜい数倍で、介護関係の情報担当者はそもそもが手薄です。ヘルスケアの現場で何がおこっているか紹介し、ファシリティーマネジャーに求められるものと活躍のチャンスを考えていきます。
 医療職が本来業務に傾注できる環境と、利用者が快適に過ごせる環境づくりのためにFMが寄与できる課題はたくさんあります。秋の夜学校でご自身が関われる課題を見つけていただければと思います。

※ WS0552とWS0553の共催です。2時限参加でファシリティマネジャー資格更新ポイント1ポイントとなります。

【時間】18:15-20:00 【場所】JFMA会議室 【参加費】会員/非会員共 1,000円
 

[WS-SP] 2018/10/24(水) 【ウィークリーセミナー 特別セミナー】

【テーマ】 「1984年に訪問したFMI 〜FMのルーツを探る〜」
【講演者】 柳澤 忠 氏(名古屋大学・名古屋市立大学 名誉教授)
【概 要】
 多分世界で始めてのFM研究所は1979年に設立され1986年に解散している。私は1984年に日本病院建築協会の訪米視察団の団長としてこのFMIを訪問し、たっぷりFMの講義を受けてきた。古いスライドを発見した機会にJFMAの関係者にFMIの取り組みをご紹介したい。我々が病院視察団であった故に「病院にこそ必要なFM」を強調されたが、米国国会図書館にFMの定義を登録し、IFMAの設立に努力し、「FMは定義出来るか定義するべきか」というタイトルで最終シンポジュウムを行なっている。アジアFMのリーダーであるべきJFMAにとってFMIの濃厚な存在感が参考になると確信している。

【時間】18:15-20:00 【場所】JFMA会議室 【参加費】会員/非会員共 1,000円
 

[WS0554/WS0555] 2018/10/31(水) 【初心者のための FM 秋の夜学校 第5夜】

【第1限目】 CREマネジメント研究部会 (18:15〜19:00)
【テーマ】 「CRE(企業不動産)をいかにマネジメントするか」 〜個からトータルへのマネジメントへ
【概 要】
 国土交通省によるCRE戦略を実践するためのガイドラインでは、「CRE戦略の実践は、企業の経営戦略の一環であり、経営者等が積極的に主導すべき重要な業務である」との認識が示されています。本研究会もその流れの中で、CREをいかに経営資源として認識し、どのように効率的にマネジメントするかという切り口で各企業の取り組みを共有してきています。
 CREを効率的に利活用していけるかどうかが企業の競争力の差に繋がってきます。良質なCREの提供・活用は企業活動を支援すると共に生産性向上に大きく貢献することが国内外の取組からも示されるようになってきています。
 組織運営体制・財務戦略・生産性向上策等の課題解決方法などについて、具体的な事例を参照しつつ、わかりやすく解説いたします。

【第2限目】 FM財務評価手法研究部会 (19:10〜19:55)
【テーマ】 「FM財務評価の基礎知識」
【概 要】
 FM財務評価は「FMの経営への貢献」を財務の視点から説明するためのコミュニケーションツールです。働き方改革やワークライフバランスへの取り組み、環境への配慮やICT技術の導入、防災・減災や国際標準化への対応など、多くの経営課題はFMと深い関わりがあります。FMには品質や供給の側面から様々な対応が求められますが、これらに要する経費や投資を最適化することがFM財務の役割です。
 ファシリティコスト評価、施設資産評価、施設投資評価及びライフサイクルコスト評価により、ROA(総資産利益率)の向上に資するFM施策を評価、選定するためのポイントを解説します。

※ WS0554とWS0555の共催です。2時限参加でファシリティマネジャー資格更新ポイント1ポイントとなります。

【時間】18:15-20:00 【場所】JFMA会議室 【参加費】会員/非会員共 1,000円
 

 

お問い合せ

ウィークリーセミナーに関するお問い合わせは下記までお願いします。

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
(担当)  岡崎
 〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2−13−6 浜町ビル6F
 TEL:03−6912−1177 FAX:03−6912−1178
 E-mail: seminar@jfma.or.jp
 JFMA事務局受付時間: 月〜金 9:30〜17:30(土日祝休み)