ウィークリーセミナー スケジュール

第1回 第2回 第3回 第4回

 3月 6日(水)

Facility・DIG
(施設・災害イメージトレーニングゲーム)
の体験セミナー


上倉秀之氏
リスクマネジメント部会長


[WS0566]
 3月27日(水)

「在宅避難3日間運用ノート」
マンション被災時の設備被害診断


宮良拓百氏
JAFIA/(株)ジエス 専務取締役


[WS0567]




















※ ウィークリーセミナーのスケジュールは予告なく変更することがあります。ご了承のほどお願い申しあげます。
※ 各回の定員は20〜30名。時間は18時15分〜20時予定。(見学会は別途設定)
※ 開催場所は原則JFMA会議室。(見学会は現地集合)
※ 参加費は会員2,000円、一般3,000円です。当日現金または回数券にてお支払い下さい。
※ セミナーの受講者はファシリティマネジャー資格更新ポイントを1講座につき1ポイント取得できます。
 ご希望の方はセミナー当日ポイントカードをご持参ください。ポイントカードをお持ちでない方は、当日受付にて新規交付を受けられます。

※定員制のセミナーで「定員満員にて受付終了」の表示があった場合でも、キャンセル等で空きが出ている場合もございます。一度事務局までご相談ください。

[WS0567] 2019/03/27(水)「在宅避難3日間運用ノート」−マンション被災時の設備被害診断−

【講 師】 宮良拓百(ミヤナガ タクモ)様
  (一般社団法人日本建築設備診断機構(JAFIA)自主研究会メンバー/株式会社ジエス 専務取締役)
【概 要】
 東日本大震災から8年経った今日、その記憶が少しずつ風化しているのではないでしょうか。その記憶がない子供たちやその後に生まれた子供たちにはお話の世界でしか知りえないことになっています。オフィスなどとは違いマンションなどでは、専門家もいない、そして未経験の子供たちがいる現実を考えなくてはいけません。
 大規模地震が起きた時は、建物の躯体だけでなく、建築設備も被害を受け、震災後の機能に支障をきたす場合があります。設備の専門家がいない時でも、管理組合と居住者が協力して、ライフラインが途絶して在宅避難をしている中で、3日間を自力で乗り越える場合の設備に関する最低限の知識と診断についてまとめたノートがあります。「在宅避難3日間運用ノート」−マンション被災時の設備被害診断−です。一般社団法人日本建築設備診断機構(JAFIA)の自主研究会のメンバーの皆さんがまとめられました。そのメンバーである株式会社ジエス専務取締役の宮良拓百(ミヤナガ タクモ)様にご講演頂きます。是非、皆様自身の問題として、ご参加ください。お待ちしております。

【時間】18:15-19:45 【場所】JFMA会議室 【参加費】会員 2,000円/非会員 3,000円

 

 

お問い合せ

ウィークリーセミナーに関するお問い合わせは下記までお願いします。

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
(担当)  岡崎、重綱
 〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2−13−6 浜町ビル6F
 TEL:03−6912−1177 FAX:03−6912−1178
 E-mail: seminar@jfma.or.jp
 JFMA事務局受付時間: 月〜金 9:30〜17:30(土日祝休み)