FMの必要性

企業をはじめ日本の組織体の大部分はその革新、改革を迫られており、その方法として人事リストラを強力に進めています。それは人件費が経営費用の中で最も大きく、しかも景気に関係なく生じる固定費であることによります。
ところが、

  1. 人件費に次いで大きく、しかも大部分固定費であり、世界でもっとも高額といわれる施設関係費については
    一般に殆ど関心がなく、したがってその対策も著しく遅れています。
  2. バブル時代に急増した施設には多額のコストが掛かりながら活用が低調、不適切なものが著しく多く存在しています 。
  3. 企業はもとより、病院・学校・その他の公共・公益事業は施設依存の経営が多いにもかかわらず、施設が不合理、不経済、不適切なものが多く、経営を著しく圧迫し、経営効率を著しく低下させています 。
  4. 省エネルギー、環境問題等の面からも改善すべき施設が極めて多く存在しています。

以上のような実態から、日本の経営にとって今日最も必要とされる手法の一つがFMです。