書籍紹介

JFMAで発行しているFMに関する書籍をご紹介致します。

INDEX | JFMA JOURNAL | NEW | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ページ

書籍購入申込みはE-mailかFAXで... 
認定ファシリティマネジャー資格更新テキスト2018 (2018年度ファシリティマネジャー資格登録更新講習テキストに活用)
 

本書は、FMの新しい教科書である『公式ガイド ファシリティマネジメント』から資格者様を対象に最新の知識、用語、技術、事例、グローバル情報等の重要部分を抜粋し、解説を加えたものです。2018年に資格更新者用として作成されたものですが、ファシリティマネジメントを学ぶ教材として、ファシリティマネジメントの実践に役立つハンドブックとして、皆様にご活用いただければ幸甚に存じます。

  1. 総論
    (ファシリティマネジメントの誕生と発展/米国FMの特徴/欧州FMの特徴/ソーシング戦略におけるビジネスモデル/日本の独自のFM組織モデル/FMの国際標準の流れ/国際標準を念頭においた新たな「日本のFMモデル」/『公式ガイド ファシリティマネジメント』目次の構成/総解説ファシリティマネジメント+追補版からの変更点)
  2. 第1章 ファシリティマネジメントとは
  3. 第2章 ファシリティマネジメントの効果
  4. 第3章 経営環境とファシリティマネジメント
  5. 第4章 FMの体系
  6. 第5章 統括マネジメント
  7. 第6章 FM戦略・計画
  8. 第7章 プロジェクト管理
  9. 第8章 運営維持
  10. 第9章 評価
  11. 第10章 改善
  12. 第11章 人間性関連の知識
  13. 第12章 ワークプレイス関連の知識
  14. 第13章 不動産取引関連の知識
  15. 第14章 施設関連の知識
  16. 第15章 FM関連の法令と指針等
  17. 第16章 各種施設のFM

発行:FM資格制度協議会 事務局(公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA))
(A4判 150ページ)
価格:会員価格(税込)1,800円 非会員価格(税込)2,160円
注文番号:M0014

 

健康経営とワークプレイス
 

当協会では、2017 年8 月から12 月に、毎月1 回、連続5 回の単独シンポジウムを開催しました。本書はその全5 回のシンポジウムを基本にしてまとめたもので、昨今、広がりつつある健康やウェルビーイングに関して、さまざまな視点で要素を抽出し、それらの関係性に着目し、FM を応用して実践可能な手法を提示していくことを目的としています。
各章の内容
 第1章:健康経営を、政策・医学・FMという3 つの視点で全体像を捉えながら、それぞれの関係性を理解する。
 第2章:本書の軸となる「人」について、研究やエビデンスに基づいた最先端のウェルビーイングの方向性を示し、その可能性について考察する。
 第3章:先進事例として、個々の取り組みを紹介する。
 第4章:ワークプレイスへの展開を紹介する。
 第5章:建築から都市、社会へと健康・ウェルビーイングの広がりを対話によって展望する。
 終 章:最後のまとめとして、FM を活用した健康経営の新たなマネジメント手法を提言する。

発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
編集:仲田裕紀子、健康経営タスクフォース (A5判 196ページ)
価格:会員価格(税込)1,300円 非会員価格(税込)1,620円
注文番号:J0091

 

認定ファシリティマネジャー資格試験問題集 -2019年度版
 

 

(お知らせ)
2018年1月発刊「公式ガイド ファシリティマネジメント」が認定ファシリティマネジャー資格試験の必須参考書になります

企業・団体の経営管理活動において、ファシリティをいかに有効活用するかが最重要課題となっている今、ファシリティマネジメント業務を効率よく運用できる知識や能力を身につけた人材が求められています。
本書は、認定ファシリティマネジャー資格試験の平成27年度〜平成30年度の過去4年間の試験問題とその解答を示して解説を加えたものです。なお、配点を明記し、「論述試験」については解説を記載しています。
本書の編纂にあたっては、認定ファシリティマネジャーの資格を取得しようとする人が、ファシリティマネジャーに必要な知識・業務・技術などを正確かつ効果的に学習できるように自己採点チェック欄を設けました。そして、FM実務を担っておられる方々の業務推進にも役に立つように配慮しました。
認定ファシリティマネジャー資格試験受験の際には、次のことに注意してください。

  1. 解答は論述を除きマークシート方式となっております。
  2. 指定された解答数を超えて解答した場合は、不正解となります。
  3. 設問に対して、語群から選択する場合には、正答の重複はありません。
  4. 試験中は、参考書・パソコン・電卓・携帯電話などの使用ができません。

ホームページ、電子メール、FAXにてJFMAに直接申し込まれた場合で、10冊以上ご注文の場合は送料サービスとなります。

編集:認定ファシリティマネジャー資格試験研究会
発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 (B5判 237ページ)
価格:会員価格(税込)2,700円 非会員価格(税込)3,024円
注文番号:J0090

 

ISO41001 ユーザーズガイド 2018年版
 


(重 要)
正誤訂正に関する
お知らせ(2019.1.17)

87頁 発行者電話番号
(誤):03-6912-1117
(正):03-6912-1177

 欧米のファシリティサービスを提供する企業がグローバルで活動している状況を背景に、2017年4月、ファシリティマネジメントの用語集である「ISO41001」およびファシリティマネジメントの調達手順に関する手引き「ISO41012」が発行された。それらの企画を踏まえて、2018年4月には認証規格である「ISO41001ファシリティマネジメント−マネジメントシステム−要求事項 利用ガイダンス付き」が発行された。
本書では、「ISO41001」を使用する組織に対し、ユーザーズガイドを提供することを目的としている。

発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 86ページ)
価格:会員価格(税込)1,300円 非会員価格(税込)1,620円
注文番号:J0089

 

未来を拓く ファシリティマネジャーの皆さまへ (JFMAムック)
 

 本書は、本編、特別寄稿に加え、ちょっとした小説をまとめたコラムで構成いたしました。ここには、FMをポジティブ思考で楽しみながら進めるための多くのヒントが詰まっています。FMをこれから始めようとし考えておられる皆様や、FMを愛してやまない皆様にとって、本書が少しでも参考になり、新たなステップを踏み出すきっかけになれば幸いです。

編集:JFMA教育研修委員会
発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 126ページ)
価格:会員価格(税込)1,080円 非会員価格(税込)1,296円
注文番号:J0088

 

公式ガイド ファシリティマネジメント
 

 

正誤訂正に関する
お知らせ

 「総解説ファシリティマネジメント」、「同・追補版」「キーワード集」の内容を一新し、コンパクトに1冊にまとめた「公式ガイド ファシリティマネジメント」が、日本経済新聞出版社から2018年1月に発売されました。
 ファシリティを有効活用し、経営に最大の効果をもたらすファシリティマネジメント(FM)の考え方・目的から、具体的なマネジメントの方法まで、わかりやすく解説しています。
 入門書としても、実務書としても活かせるFMの公式ガイドブックです。
 「認定ファシリティマネジャー資格試験」に使用される必須参考書です。
 これから資格試験を受験される方も、すでに資格をお持ちの方も、またFMを基礎からじっくり勉強したい方も、是非この1冊でFMのあらゆる分野について更なる理解を深めてください!

編集:FM推進連絡協議会
発行:日本経済新聞出版社 (B5判 427ページ)
価格:会員価格(税込)5,055円 非会員価格(税込)5,616円
注文番号:J0087

 

FMで活用するICTシステム
 

ICTの活用は産業構造を大きく変え、更にコンピュータの情報・通信機器に留まらず、世の中に存在する様々な物体に通信機能を持たせ、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことを意味するIOT(Internet of Things)という言葉が生み出されています。FMの現場でも、大型の機械にセンサーと通信機能を内蔵して、稼働状況や故障個所、交換が必要な部品等を製造元がリアルタイムで把握できるシステムが考察され始めています。いまやFMに携わる方にとって、ICT技術革新の動向は目を離せない分野となりました。
コンピュータ活用研究部会では、「FM領域で係るICT新技術の調査」「CAFMシステムの活用事例の調査」「Eco・Lcc削減を可能にする環境配慮型ICT新技術の調査」研究を行っております。
本書は、その調査・研究成果として、各部会員がそれぞれの専門分野におけるICT関連の最新動向についてまとめたものであり、建物の企画から維持メンテナンスまで、業務のポイント毎に活用するICTシステムを具体的に解説しております。FMに携わる方が、日々の業務に関連する建物のデータベース、建物台帳・図面管理システム、長期修繕更新計画等における最先端のICT活用情報について触れられてみてはいかがでしょうか。

編集:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 コンピュータ活用研究部会
発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 172ページ)
価格:会員価格(税込)3,400円 非会員価格(税込)3,780円
注文番号:J0085

 

公共ファシリティマネジメント戦略
 

地方公共団体のファシリティマネジメントを分かりやすく解説!

今回の「新訂版 公共ファシリティマネジメント戦略」は、残り半年となった「公共施設等総合管理計画」策定へのエールであるとともに、地方自冶体の首長の皆様、ご担当の皆さまに少しでもお役に立てる情報をお送りしたく、執筆は、すでに絶版となった「公共ファシリティマネジメント戦略」の執筆者でもあり、弊協会の調査研究委員会副委員長、FM財務評価手法研究部会長であるプロコード・コンサルティング代表の松成和夫氏にご執筆をいただきました。これらの内容は、今年の2月〜5月に時事通信社の「地方行政」に連載したものを基本にして一部加筆修正頂いたものです。

[公共ファシリティマネジメント戦略]
第1章 公共ファシリティマネジメントをめぐって
 公共施設再編成時代の経営戦略
第2章 公共FMとは
 その目的、定義など
第3章 FMの業務とFMサイクルを回す目標管理
 財務・品質・供給の視点と評価技術
第4章 地方自冶体の経営環境と公共施設の課題
 施設ニーズの縮小と公共施設ストックの現状
第5章 公共FMの戦略、その全体構想
 量の見直し、質の見直し、推進体制
第6章 公共FMの戦略@量の見直し
 総量縮減とFMの経営管理手法
第7章 公共FMの戦略A質の見直し その1
 建物の保全予算の確保と残存不具合の活用
第8章 公共FMの戦略A質の見直し その2
 ライフサイクルマネジメントによる保全推進
第9章 公共FMの体制づくり
 全体最適を図るFM推進体制の構築
[地方自冶体のFM実施例]
 日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)優秀FM賞受賞事例から

発行:公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A5判 109ページ)
価格:会員価格(税込)1,300円 非会員価格(税込)1,620円
注文番号:J0083

 

ファシリティマネジメントキーワード集2016-2017 (2016年度ファシリティマネジャー資格登録更新講習テキストに活用)
 

目まぐるしく移り変わる経済社会や新しい技能に対応して、FM業務を的確に遂行することは容易なことではありません。そこで、JFMA更新講習委員会では、最近のおおむね5年間に現れた新しい、また進化した内容のFMに関する知識や技術などをキーワードとして収集し、わかりやすい説明を加え編集しました。

◎分 野

  1. 分野1 総論(FMの状況/社会・経済情勢/認定ファシリティマネジャー(CFMJ)の状況
  2. 分野2 経営環境(経営理念・経営環境/経営支援マネジメント)
  3. 分野3 情報環境(ICTの新動向と活用事例/ネットワーク/情報セキュリティ)
  4. 分野4 地球環境(地球環境全般/温暖化防止への取り組み/環境評価)
  5. 分野5 財務(効率経営とFM/会計基準とFM/管理会計とFM/その他財務関連キーワード)
  6. 分野6 品質(安全・安心/長寿命化/関連法規の改正)
  7. 分野7 ワークプレイス(ワークスタイル/ワークプレイス)
  8. 分野8 FMの戦略(FM戦略の目標と手法/FMの施策)
  9. 分野9 プロジェクト管理(マネジメントプロセスの改善/マネジメント・管理手法/不動産)
  10. 分野10 運営維持(運営維持手法/運営維持指標/関連システムと制度)
  11. 分野11 FMの事例(10の分野)

価格:会員価格(税込)1,800円 非会員価格(税込)2,160円
注文番号:M0013

 

FM DATABOOK JAPAN 2016 −FMのベンチマーク役立つデータ集−
 

FMは、人事・財務・情報システムとともに重要な経営基盤で、本来のビジネス(コア業務)が有効に機能するためのマネジメント業務ですが、その範囲も広く、扱うデータも多く、全体を把握して、的確な施策を立てるには多くの労力を要します。
しかし、FMを実践していく上で、スペースやコストなどファシリティの基本データを明確にすることは大変重要なことです。さらに、同じ基準で他社などのデータと比較することは、目標や方針を決める際に大いに役立ちます。
そんな時にお役に立つデータ集「FM DATABOOK JAPAN 2016」が、このたび発刊されました。
本書は、データ編(1〜3章)と考察編(第4章)に分かれ、データ編である第1章CRE(企業不動産)、第2章オフィス、第3章ワークスペースの3分野のベンチマークデータとその解説から構成されています。
本書の特徴は、JFMAが総力を結集し、競合会社の壁を越えて各企業の保有データを供出いただけたこと。早稲田大学、ザイマックス総研など、FMデータの調査機関からの全面的協力を得られたことです。
FMデータによるベンチマークは、自社の立ち位置(ポジション)を知りたい、自社のFMの改善すべき課題をさぐるヒントにしたい、といった点で大いに役立ちます。経営陣から「他社の状況はどうなっているか?」といった背景説明にも本書は大いに役立ちます。是非ご一読ください。

  <目 次>
CHAPTER 1. CRE企業不動産
 1.企業不動産(CRE)に関する実態調査
 2.大手上場企業に関するワークプレイ実態調査
 3.JFMA会員企業に関するワークプレイス実態調査
 4.大手上場企業とJFMA会員企業に関する総合比較
CHAPTER 2. オフィス
 1.オフィス面積・平均入居期間
 2.オフィスのコスト
 3.オフィスの防災対策
 4.オフィスの利用実態
 5.オフィス選び
 6.働き方(ワークスタイル)とオフィス利用変化
CHAPTER 3. ワークプレイス
 1.全国一般オフィス
 2.首都圏一般オフィス
 3.先進オフィス
CHAPTER 4. 考察

発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 172ページ)
価格:会員価格(税込)5,400円 非会員価格(税込)7,560円
注文番号:J0082

 

施設における エネルギー環境保全マネジメントハンドブック 2016
 

施設をとりまくエネルギー環境保全に関わる環境が大きく変化している。省エネ法が改正され、電力ピーク対策が盛り込まれると共に、トップランナー制度に建築材料が加えられた。建築物の省エネ基準が見直され、今後段階的に省エネ基準への適合「義務化」が進められていく。不動産の環境配慮を促すしくみとして国内外で環境認証制度も普及している。
施設の省エネルギーに向けた取り組みも活発に行われている。年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなるネットゼロエネルギービル(nZEB)の実現に向けた取り組みや、省エネルギーのための運用上の改善、施設の改修、外部資金の利用、専門家へのアウトソーシングなどである。
大震災後、温熱環境や光環境の見直しも行われ、それに伴って課題も生じた。
JFMAエネルギー環境保全マネジメント研究部会では、このようなエネルギー環境問題を取り巻く情勢と、施設等における取組み事例、これに伴って発生した課題等に関する調査研究を行ってきた。
本ハンドブックは、これらの活動をまとめたもので、ファシリティマネジャーが机上(デスクトップ)において、エネルギー環境問題に取組む上で参考となるように作成したものである。

編集:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 
   エネルギー環境保全マネジメント研究部会
発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 95ページ)
価格:会員価格(税込)2,160円 非会員価格(税込)2,700円
注文番号:J0081

 

インフラマネジメント 懇話会 レポート
 

本報告書は、インフラマネジメントとインフラマネジメント産業の現状と将来展望を整理する目的で、「インフラマネジメント懇話会」をJFMA内に設立し、全9回の委員会を開催して議論されたことを報告書としてまとめたものである。
本報告書は大きく4つのテーマに分かれ、
 (1) 国および自治体の動向
 (2) インフラマネジメントおよびインフラマネジメント産業の定義、特徴、必要性
 (3) 社会資本資産と民間活力の導入
 (4) インフラマネジメント産業におけるサプライチェーン
で構成されている。

発行:インフラマネジメント懇話会 公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 134ページ)
価格:会員価格(税込)1,000円 非会員価格(税込)2,000円
注文番号:J0079

 

CREマネジメントハンドブック JAPAN 2015
 

企業不動産(CRE)の管理運用を戦略的に行い、CREを有効に活用することにより企業経営に貢献しようという取り組みがCREマネジメントである。JFMAではCREマネジメント研究部会を2013年に設立し、体系的な研究を実施している。
本ハンドブックはこれらの活動成果をもとに、CREマネジメントの重要性や企業経営に与える影響、あるいは効果的な推進体制やソリューション手法などについてまとめたものである。一般企業の総務・管財業務あるいは不動産関連業務に携わる皆様が、日常業務あるいは様々なプロジェクトを推進する上で参考としていただければ幸いである。また、不動産に関するソリューションを提供する不動産会社、コンサルティング、設計、施工など様々なベンダー企業の皆様にも大いに参考としていただきたい。

発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 (A4判 141ページ)
価格:会員価格(税込)2,160円 非会員価格(税込)2,700円
注文番号:J0078

 

「総務の山田です。」テンプレート集 CD付
 

本書は2010年に発刊した、小説「総務の山田です。」の3作目です。2作目「オフィス移転業務フロー完全マニュアル「総務の山田です。」実践編」では、オフィス移転にまつわるフェーズごとの手順をフローとしてまとめました。しかし、本社移転などの大プロジェクトは企業勤務の間に何度も経験するものではありません。手順がわかっても、一からの資料作成は戸惑ってしまう。そんな総務部の方々を支えるために、この度、移転に必要なテンプレート・コラムを約300編収録した、テンプレート集を出版しました。
小説を教科書、移転業務フロー完全マニュアルを参考書とすると、テンプレート集は練習帳であり、基本フローに沿ったテンプレートやチェックリストなど、プロジェクト推進を支える強力なツールをご提供します。
移転には外部PMサービス提供者、ビルオーナー、不動産仲介会社、内装・ICT・設備等の設計事務所、工事施工会社、引越会社、運用会社など多数のプロフェッショナルが関与します。そのプロたちに十分な力を発揮してもらい、期待する成果を得るためには、このテンプレート集に収められた事例集を活用することが有用です。
オフィス移転プロジェクトマネジャー必携の内容です。

編集:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 FMプロジェクトマネジメント研究部会
発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 (A4判 340ページ)
価格:会員価格(税込)3,240円 非会員価格(税込)4,320円
注文番号:J0077

 

「ブリーフ」による建築意図の伝達
 

〜価値ある空間資源をつくるために〜
経営者・ファシリティマネジャー・建築設計者の必読書!

発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 (A5判 209ページ)
価格:会員価格(税込)1,300円 非会員価格(税込)1,620円
注文番号:J0076

 

ファシリティマネジャーのためのBIM活用ガイドブック
 

今年2月に開催されたJFMA フォーラムでは、BIM・FM活用セミナーが大好評を得ました。
当日ご紹介しました、JFMA BIM・FM研究部会による「ファシリティマネジャーのためのBIM活用ガイドブック」が、この度、出版されました。ファシリテイマネジャーやファシリティマネジメントに関わっているすべての方々に、FMにBIMを活用してもらうためのガイドブックです。FMとBIMとの関係、FMでBIMを活用することのメリットや可能性について、分かりやすく解説されています。

編集:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 BIM・FM研究部会
発行:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 (A4判 206ページ)
価格:会員価格(税込)2,700円 非会員価格(税込)3,240円
注文番号:J0075

 

ダイバーシティの時代 −ユニバーサルデザイン・シンポジウム2013 記録
 

本著は2013 年代表的なグローバル企業のファシリティマネジャーと専門家による4 回のシンポジウム「グローバル人材時代のオフィス」の講演記録である。グローバル企業は、以前より人材の多様性(ダイバーシティ)をポジティブに捉えてきた。一方、これまで同質性が強かった日本企業では、人材の多様性は「(チームワークを阻害する)あまり好ましくないもの」「できれば避けたいもの」と捉えられてきた節がある。しかし、好むと好まざるに関わらず、次世代ビジネス、次世代オフィスビルのあり方を考えるうえで「ダイバーシティ」は重要なキーワードである。

執筆者:似内志朗(JFMAUD研究部会)金英範(メリルリンチ日本証券)大森崇史(インテル)熊谷比斗史(ファシリテイメント研究所)古阪幸代(WFM)渡辺光(ソニーコーポレートサービス)山本泉(日本マイクロソフト)ポール・マックワイヤー、佐野光宏(ジョンソンコントロールズ)井上久美子(ロイズ・ジャパン)小菅通孝(テックビジネスサービス)熊本和(元ベネッセコーポレーション)中澤信(バリアフリーカンパニー)間瀬樹省(ケアスタディ)濱田健司(JA共済総合研究所)三原岳(東京財団)森山政与志(日本郵政)澤谷みち子(一般社団法人ウィメンズメンターバンク)山口祐子(JR東日本パーソネルサービス)江上徹英(日本GE)長畑久美子(パソナフォスター)中島秀美(ワークショップマナ)八木佳子(イトーキ)曽川大(エブリーウエル)/編者:JFMAユニバーサルデザイン研究部会(似内志朗、仲田由起子、曽川大)

編著者:公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
   ユニバーサルデザイン研究部会
発行:公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 152ページ)
価格:会員価格(税込)2,700円 非会員価格(税込)3,240円
注文番号:J0072

 

変化する病院にこそ必要なFM −病院BCPを支援するFMツールに関する調査報告書−
 

病院関係者必見!
「東日本被災50病院の調査事例から」

本書は、「変化に対応するFM」を主要課題として調査研究をしてきたものです。
今日、医療を取り巻く状況がめまぐるしく変化している中、病院経営者が土地建物設備に代表される経営固定資源をいかに効率的に管理運営・稼働させているかを日常的に知ることは、医療施設のFMを考える時の重要なポイントです。
本書発行の目的は、病院経営における重要な局面とも言える大災害の発生時、いわゆる「非日常」時において、どの様な意志決定のプロセスを経て「事業継続計画(BCP)」が練られ、「災害対策・復旧対策」が決断されたか、そしてその結果はどの様であったか、災害復旧対策においてどの様にFMが認識・活用されているかを探り、失敗しない病院BCPの方向性を示すことです。
東日本大震災における被災50病院の調査事例から、これからの病院BCPの在り方について方向性を示唆する、病院関係者必見の内容です。

≪目 次≫
第1章 病院とファシリティマネジメント(FM)
第2章 病院BCP(事業継続計画)とFM
第3章 地域災害の歴史と概要
第4章 病院BCPを支援するFMツール
第5章 FMツールに基づく病院活動分析
第6章 病院の事業継続を支援するシミュレーション・ツールの開発
第7章 今後の展開と目標
第8章 調査研究の経緯
資料編 病院被災調査データ

編集:公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
   ヘルスケアFM研究部会 病院BCPワーキンググループ
発行:公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 225ページ)
価格:会員価格(税込)2,700円 非会員価格(税込)3,240円
注文番号:J0071

 

FM評価手法・JFMES 13 マニュアル(試行版)
 

本書は、2007年にJFMAが新規開発した「ファシリティマネジメント評価診断手法 JFMES」の2013年改定版です。JFMES13では、ファシリティマネジメントを、組織のコアビジネスを支えるファシリティ(建物、設備、土地等)の品質、数量、コストを支えるマネジメントと捉えます。そして、ファシリティの品質、数量、コストを構成する要素を詳細に分析(品質170、数量162、コスト132項目)して、そのそれぞれを5段階評価する手法を提示します。また、組織におけるファシリティマネジメントを実施する基盤(FMインフラ)を同様に171項目に分析し、現状を5段階評価する手法を示します。この手法は、世界にも例のないユニークな手法であり、ファシリティマネジメント、アセットマネジメントが国際標準化される情勢の中で、注目される資料となっています。

発行:公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A4判 343ページ)
価格:会員価格(税込)10,000円 非会員価格(税込)15,000円
注文番号:J0069

 

第四の経営基盤−日本企業が見過ごしてきたファシリティマネジメント
 

 

【注目!】
FM FORUM 2017
[初級FM入門]
2017/2/22(水)
18:00〜18:50



認定
ファシリティマネジャー
資格試験のご案内

初級FMスクールのエッセンスを1冊にまとめた『第四の経営基盤−日本企業が見過ごしてきたファシリティマネジメント』発刊!

JFMAでは、より一層のFM普及を図るため、2012年に初級FMスクールをスタートしました。これまで東京と仙台で合わせて4回、初級FMスクールを開講し、約100名の方々が受講されました。また、JFMAフォーラム2013でも初心者向けセミナーを実施し、多数の方に受講いただきました。さらに多くのみなさんにFMをご紹介するため、初級FMスクールの講義内容を一冊の本にまとめました。FMの基本をわかりやすく解説し、第四の経営基盤であるFMの重要性をご理解いただける構成になっています。経営者のみなさんにも是非読んでいただきたい内容です。

    <主な構成>
    第四の経営基盤としてのファシリティマネジメント
  • 第1章 経営とは(会社とは)
  • 第2章 ファシリティマネジメントとは
  • 第3章 ビジネスを支えるFM 6つの視点
  • 第4章  FMの推進体制をつくる
  • 第5章  FMの業務
  • 第6章 ファシリティマネジャー 視点と手法

※ 目次の詳細は こちら からご覧いただけます。

発行:公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) (A5判 136ページ)
価格:会員価格(税込)1,300円 非会員価格(税込)1,620円
注文番号:J0068

 

オフィス移転業務フロー完全マニュアル 「総務の山田です。」実践編
 

本書は2010年5月に発刊した「総務の山田です。」の続編です。ファシリティマネジメントを実践する上で、大規模なオフィス移転プロジェクトはたびたび経験できるものではありません。そのプロセス、ノウハウ、さらに人間模様まで描いた「総務の山田です。」は大変好評を頂きました。そのなかで、QRコードを利用して「オフィス移転の業務フロー・解説シート」をダウンロードできる試みをしましたが、多くの読者から紙ベースでまとめたものがほしいとの要望を頂きました。そこで皆様のご期待に応えるべく、本書は、さらにバージョンアップした業務フローと実用的資料を取りまとめて、続編として出版するものです。
「総務の山田です。」とあわせてご利用いただけると大変効果的です。

◎目 次

  1. 企画Iフェーズ(社内検討段階)
  2. 企画IIフェーズ(外部PMサービス提供者の参加以降)
  3. オフィス物件調査フェーズ
  4. 基本計画フェーズ
  5. 物件選定フェーズ
  6. 基本設計フェーズ
  7. 実施設計フェーズ
  8. 調達フェーズ
  9. 工事フェーズ
  10. 検査・引越しフェーズ
  11. 引越しフェーズ
  12. 運用フェーズ

発行:社団法人日本ファシリティマネジメント推進協会 (A4判 115ページ)
価格:会員価格(税込)870円 非会員価格(税込)1,080円
注文番号:J0065

 

総務の山田です。
 

プロジェクトマネジメントに関わる既存の書物は、その多くがマネジメントの手法やコツ、プロセスなどの解説もので、しかもプロジェクトを受注する側の論理しか存在しない。本書は全く逆の発想において、プロジェクトを発注する側の論理で経営戦略に沿った社内側のプロジェクトマネジメントの重要性を提起する。プロジェクトを通じて自社の経営手法や管理手法などの不備に気づき、その改善に取り組む姿勢はまさに経営活動そのものである。このような社内における問題点や事例は門外不出であったが、実は世にあるプロジェクトの数だけ存在しているのである。その潜在的な問題を、「モノ」+「コト」=「物語り」にしたのが、本書です。そうした活きた「プロジェクトマネジメント」を企業戦略の中に反映していくことが求められているのです。

  1. 全国に企業に勤める総務系・施設管理系の職務の方
  2. ファシリティマネジャー・施設運営管理、業務部スタッフの方
  3. 公共事業プロジェクトなどの施主側の立場の方
  4. 一般的に自社プロジェクトを外部サービスと共に推進されている方
  5. 官公庁、企業の経営者、役員
  6. 企業内プロジェクト担当者
  7. 特に建設業界、不動産、IT業界、家具メーカー…など、プロジェクトに関わる方
  8. プロジェクトマネジメント(PM)サービス提供企業
  9. ファシリティ・マネジメント部門

編集:JFMA FMプロジェクトマネジメント研究部会
発行:産業情報センター社 (B6判変形 220ページ)
価格:会員価格(税込)1,750円 非会員価格(税込)1,944円
注文番号:J0061

 

 

 

INDEX | JFMA JOURNAL | NEW | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ページ