JFMA調査研究部会 レポート

JFMA調査研究部会とは

 調査研究委員会は現在18の研究部会からなり、JFMAの中ではFMに関する「知」のエンジンの役割を担うとされています。各研究部会は平均的に月1回以上の部会を開催し、その成果を毎年冬期に行われる「ファシリティマネジメントフォーラム」において発表しています。これを毎年の活動成果、いわばフローであるとすれば、毎年9~12月に開催している「JFMA調査研究部会公開セミナー(FM秋の夜学校)」 では、これまでの各研究部会で蓄積した成果やノウハウ、つまり「知」のストックを受講者の方々にセミナー形式でお伝えするという性格の違いがあります。
過去にここで公開した各部会についての活動報告や研究レポートについては、「資料バックナンバー」ページにてご紹介しております。ぜひご参照ください。

 JFMAでは調査研究部会の成果をまとめた『JFMAジャーナル R(Research)』を2013年9月に発刊し、皆様から大変好評をいただきました。その後2年ごとに発行すべく2015年には『JFMAジャーナル R2』、そしてこのたび2017年に『JFMAジャーナル R3』を発刊いたしました。現在JFMAでは18の調査研究部会がファシリティマネジメント(FM)の専門的な個別テーマを掘り下げるとともに、FMの幅を広げて活発な活動を行っており、これらの成果を分かりやすくまとめてある資料となっております。
 2017年10月より「JFMAジャーナル R3」から順次3部会ごとに以下にてご紹介していきます。これらの2017年各部会の活動報告をご覧の上、ご興味をもたれた部会がございましたら、それぞれの部会および各セミナーにもぜひご参加ください。

※ 2016年より「インフラマネジメント研究部会」、2017年より「人と場へのFM資産価値研究部会」、さらには2018年より「こころとからだのウェルビーイング研究部会」が追加になりましたので、現在は18部会となります。(2018年4月現在)

「JFMAジャーナル-R」シリーズの詳細・ご購入は こちら から JFMA JOURNAL-Rシリーズのご案内


 

 

JFMA調査研究部会 活動内容レポート(JFMA JOURNAL-R3より抜粋)【2018年4・5月のご紹介】

10_ 公共施設FM 研究部会
公共施設等総合管理計画
推進とFMの普及
部会長 安蘓 秀徳
東京美装株式会社 事業開発部部長
部会長
11_ ユニバーサルデザイン 研究部会
健康経営を生みだす場の力
-経営・人・社会の視点から健康経営の構造を解く-
部会長 似内 志朗
日本郵政株式会社
認定ファシリティマネジャー
一級建築士
部会長
12_ 運営維持手法 研究部会
ユーザーの視点に立ったファシリティ運営維持業務と
その評価に関するあり方を探る
部会長 吉瀬 茂
JPビルマネジメント株式会社
工学院大学兼任講師
一級建築士
部会長
13_ 品質評価手法 研究部会
サスティナブルなファシリティ
ワークプレイスの事業継続・木材を利用した庁舎
部会長 野瀬 かおり
ファシリティマネジメント総合研究所 代表
認定ファシリティマネジャー
部会長
14_ FM財務評価手法 研究部会
FM財務評価の22年
洗練を続けるFM財務評価手法の現在
部会長 松成 和夫
プロコード・コンサルティング
認定ファシリティマネジャー
一級建築士
部会長
15_ オフィス・ワークプレイスの知的生産性 研究部会
知的生産性を支える
「働き方」「組織」「ファシリティ」の関係モデル
部会長 齋藤 敦子
コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所
部会長

調査研究部会に参加のお申込みは こちら から 調査研究部会ご案内