JFMA調査研究部会 レポート

JFMA調査研究部会とは

 調査研究委員会は現在17の研究部会からなり、JFMAの中ではFMに関する「知」のエンジンの役割を担うとされています。各研究部会は平均的に月1回以上の部会を開催し、その成果を毎年冬期に行われる「ファシリティマネジメントフォーラム」において発表しています。これを毎年の活動成果、いわばフローであるとすれば、毎年9~12月に開催している「JFMA調査研究部会公開セミナー(FM秋の夜学校)」 では、これまでの各研究部会で蓄積した成果やノウハウ、つまり「知」のストックを受講者の方々にセミナー形式でお伝えするという性格の違いがあります。
過去にここで公開した各部会についての活動報告や研究レポートについては、「資料バックナンバー」ページにてご紹介しております。ぜひご参照ください。

 JFMAでは調査研究部会の成果をまとめた『JFMAジャーナル R(Research)』を2013年9月に発刊し、皆様から大変好評をいただきました。その後2年ごとに発行すべく2015年には『JFMAジャーナル R2』、そしてこのたび2017年に『JFMAジャーナル R3』を発刊いたしました。現在JFMAでは17の調査研究部会がファシリティマネジメント(FM)の専門的な個別テーマを掘り下げるとともに、FMの幅を広げて活発な活動を行っており、これらの成果を分かりやすくまとめてある資料となっております。
 2017年10月より「JFMAジャーナル R3」から順次3部会ごとに以下にてご紹介していきます。これらの2017年各部会の活動報告をご覧の上、ご興味をもたれた部会がございましたら、それぞれの部会および各セミナーにもぜひご参加ください。

※ 2016年より「インフラマネジメント研究部会」、2017年より「人と場へのFM資産価値研究部会」が追加になりましたので、現在は17部会となります。(2017年5月現在)

「JFMAジャーナル-R」シリーズの詳細・ご購入は こちら から JFMA JOURNAL-Rシリーズのご案内


 

 

JFMA調査研究部会 活動内容レポート(JFMA JOURNAL-R3より抜粋)【2017年11月のご紹介】

04_ エネルギー環境保全マネジメント 研究部会
持続可能な社会の実現に向けた戦略
部会長 横山 健児
株式会社NTTファシリティーズ
研究開発部 研究企画部門長 
工学博士
部会長
05_ CREマネジメント 研究部会
企業経営に深くかかわるCREマネジメント
部会長 大野 晃敬
東京オペラシティビル株式会社
取締役管理部長
部会長
06_ 人と場へのFM投資価値 研究部会
働く人々のポジティブ心理を触発する
「人間・感性FM」の投資効果を考える 
部会長 岡田 大士郎
一般社団法人ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアム
副代表理事
部会長

調査研究部会に参加のお申込みは こちら から 調査研究部会ご案内