エネルギー環境保全マネジメント研究部会 (SCM05)  【マネジメント研究】

2016(H28)年度のテーマと活動内容 【活動計画案】

メインテーマ

2030年の望ましい電源構成(エネルギーミックス)や温暖化ガス排出削減目標が発表される等、エネルギー分野で大きな変革が起きようとしている。当部会では、これら大変革を踏まえたファシリティ・マネジメントのあり方等についての調査・研究を行う。

活動計画

ファシリティのエネルギー環境保全に関わる以下の調査・研究を実施する。

  1. エネルギー、電力ピーク対策、循環型社会形成に関わる法規制・制度等の動向調査
  2. 緑化、木材利用、静脈系(廃棄物、汚泥産廃など)等の環境保全に関わる法規制・制度等の動向調査
  3. 運用、新築、改修などの各フェーズで先進的取組みを行っている事業者、施設等の調査
  4. ファシリティのエネルギー環境保全に影響を与える技術動向(帯電技術、水素活用技術、IoT技術、人工知能技術、ビックデータ技術等)
  5. 他研究部会とのエネルギー環境保全に関わる連携
  6. JFMA会員等からの意見収集
  7. 上記調査研究結果のフォーラム、公開セミナー、ジャーナルでの発信、報告書作成
     

2015(H27)年度のテーマと活動内容 【活動報告】

メインテーマ

エネルギー・環境問題への取組は、変化する法への適合、光熱水費削減、不動産価値向上の点等から重要性を増している。
当部会では、ファシリティに関わるエネルギー・環境保全への取組み事例等について調査・研究を行う。

活動内容

 温室効果ガス排出削減目標の設定や電力の完全自由化等、環境・エネルギー分野が大きく変革しようとしている中、H27年度は、環境・エネルギー分野における行動経済学の活用事例と再生可能エネルギー・省エネルギー商材の導入促進施策についての調査研究を行った。この中で特に、行動経済学における「ナッジ(nudge)」や「環境認証」が省エネや不動産に与える影響について、また、電力システム改革がもたらす業界構造の転換と新たなビジネスモデルについて詳しく検討し、検討結果をJFMAフォーラムにおいて報告した。
 また、本研究部会では「施設におけるエネルギー環境保全マネジメントハンドブック2016」を新たに出版し、出版記念講演を実施した。
 主な活動実績は以下の通りである。

研究成果 他

部会紹介(PDF)

部会専用ページ

部会専用ページはメンテナンス中です。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願い致します。