エネルギー環境保全マネジメント研究部会 (SCM05)  【マネジメント研究】

2017(H29)年度のテーマと活動内容 【活動計画案】

メインテーマ

平成28年度の調査研究項目として持続可能な社会の現状と未来について取り上げ、持続可能な社会の更なる発展には生態系を考慮した総体的なソリューションが必要であると認識できた。そこで、平成29年度は、エネルギー、水、資源、大気を4大テーマとして、持続可能な社会を支えるファシリティマネジメントのあり方等についての調査研究を行う。

活動計画

エネルギー環境保全に関わる以下の調査研究を実施する。

  1. エネルギー、CO2削減に関わる取組み状況
  2. 節水、上下水道に関わる取組み状況
  3. 循環型社会形成、静脈系(廃棄物、汚泥産廃など)、緑化、木材利用に関わる取組み状況
  4. 空気質、大気汚染に関わる取組み状況
  5. 上記項目に関わる法規制・制度等の動向調査
  6. エネルギー環境保全に影響を与える技術動向
    (蓄電技術、水素活用技術、IoT技術、人工知能技術等)
  7. 他研究部会とのエネルギー環境保全に関わる連携
  8. JFMA会員等からの意見収集
  9. 上記調査研究結果のフォーラム、公開セミナー、ジャーナルでの発信、報告書作成

2016(H28)年度のテーマと活動内容 【活動報告】

メインテーマ

2030年の望ましい電源構成(エネルギーミックス)や温暖化ガス排出削減目標が発表される等、エネルギー分野で大きな変革が起きようとしている。当部会では、これら大変革を踏まえたファシリティ・マネジメントのあり方等についての調査・研究を行う。

活動内容

エネルギー分野における大きな変革と国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を踏まえて、「持続可能な社会に向けた取組み状況」と「次世代の環境建築」を調査研究対象とした。具体的な活動実績は以下の通りである。

1.2. 法規制・制度等の動向調査
-東京都における「環境先進都市、資源循環・廃棄物処理」に関する取組み調査
-The Living Future Instituteにおける「次世代の環境建築」に関する取組み調査

3. 先進的取組みを行っている事業者、施設等の調査
-3M社(相模原事業所)
-品川シーズンテラス
-LIXIL(U2home、資料館)
-スーパーエコタウン(ヒューチャー・エコロジー、タケエイ、東京臨海リサイクルパワー)

4. ファシリティのエネルギー環境保全に影響を与える技術動向
-「スマートメータデータを活用した省エネルギーアドバイス自動生成ツール」に関する調査

5.6.7. 意見収集、上記調査研究結果の発信、報告書作成
-ファシリティマネジメントフォーラムで調査結果を報告すると共にアンケート調査を実施

研究成果 他

部会紹介(PDF)

部会専用ページ

部会専用ページはメンテナンス中です。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願い致します。