こころとからだのウェルビーイング研究部会 (SCM20)  【マネジメント研究】

部会紹介

※JFMA会員の方は、活動の詳細を閲覧することが可能です(会員ログインが必要です): 会員ページへ

2020年度のテーマと活動内容 【活動計画】

メインテーマ

「ウェルビーイングを生み出すファシリティに関する調査」
ウェルビーイングな働き方を実践する人へのヒアリングを行い、ウェルビーイングを生み出すために必要なファシリティ要件を明らかにし、それらをFMer 向けの実践ノウハウとして体系化して発信を行う。

活動計画

  1. 情報収集及び意見交換(月1回研究会開催)
    先進的に取り組む企業や行政関係者等の外部講師も交えながら、
    メンバーで定期的に情報や意見を交換する。
  2. ヒアリング調査
    ウェルビーイングな働き方を実践する人たちへのヒアリングを行い、ファシリティ要件に抽出する。
  3. FMer 向け実践の手引きを作成
    情報収集・調査した知見を、ウェルビーイングを促すFM 実践手法として落としこみ、とりまとめた手引きを作成する。
  4. 研究成果の公開発表(フォーラム等)、シンポジウムの開催
    調査研究結果をファシリティマネジメントフォーラム等の場で発表を行う。
     

2019年度のテーマと活動内容 【活動報告】

メインテーマ

「ウェルビーイングを実現するFM 実践手法の確立」
働く人のウェルビーイングに関連するFM の知識や情報を幅広く収集し、それらをFMer 向けの実践ノウハウとして体系化して発信を行う。

活動実績

  1. 研究会の開催
    研究会を月1回の頻度で開催。メンバー間で調査の手法、対象についての議論を行い、調査報告、進捗の共有を行った。
  2. ヒアリング調査
    ウェルビーイングに働く人(計4名)へのワークスタイルやワークプレイス環境についてのヒアリング調査を実施。
  3. 研究成果の発表
    2019 年2 月のファシリティマネジメントフォーラムにて、調査の計画、手法、事例について第一報として報告を行った
     

研究成果 他