オフィス・ワークプレイスの知的生産性研究部会 (SCM14)  【固有技術研究】

2018(H30)年度のテーマと活動内容【活動計画案】

メインテーマ

ワークプレイスにおける重要なテーマである知的生産性に焦点をあて、それらの要素を明らかにし、経営と現場の双方に有効なマネジメントのためのツールを開発する。

活動内容

知的生産性を支えるワークプレイス・モデル「SOF」(ワークスタイル・組織・ファシリティ)を活用したベンチマーク調査の実施と、研究成果を外部発信すると共に、ファシリティマネジャーのためのガイドブックにまとめる。

  1. ワークプレイスと知的生産性に関する情報収集や見学会の実施
  2. SOFモデルの検証およびベンチマーク調査、モデルの展開
  3. 外部研究機関との協働、意見交換など
  4. ファシリティマネジャーに向けたガイドブックの作成
  5. 公開セミナーやシンポジウムなど、研究成果の外部発信

2017(H29)年度のテーマと活動内容【活動報告】

≪部会長:齋藤敦子≫

メインテーマ

知的生産性を支えるワークプレイス・モデル「SOF」(ワークスタイル、組織、ファシリティ)の研究開発と、実践のためのツールづくり。また、知的生産性に関する関連団体との情報交流、ファシリティマネジメントフォーラム、オフィス学会や建築学会等での研究成果の発表。

活動内容

  1. 月1回程度の研究会の開催
     ワークプレイスと知的生産性に関するトレンド調査や意見交換
     メンバー企業のオフィス訪問など
  2. 分科会でのSOFモデルの検討
     項目のスクリーニングを目的としたアンケート調査実施
     SOFの項目毎ステージ評価システムの作成
  3. 外部研究機関との協働
     オフィス学会や建築学会等での発表とフィードバック
  4. 研究成果の発表
     ファシリティマネジメントフォーラム2018、オフィス学会、建築学会での発表
     JFMAジャーナルへの執筆
  5. 公式ガイドブック「ファシリティマネジメント」への掲載
     これまでの生産性評価手法と合わせて掲載

研究成果 他

 

部会紹介(PDF)

 

部会専用ページ

部会専用ページはメンテナンス中です。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願い致します。