品質評価手法研究部会 (SCM11)  【固有技術研究】

部会紹介

※活動の詳細を閲覧することが可能です: 「JFMAジャーナル別冊R05」部会ページへ

2021年度のテーマと活動内容 【活動計画】

メインテーマ

これから先の世における「ファシリティ品質評価項目」を考える
当部会では、ファシリティの品質とは何かについて探求し、品質を評価するための項目を検討してきた。現在は、安全・安心、快適性・機能性、耐用性・保全性、環境保全性、社会性・品格性、多様性、心理配慮性という7つの評価軸で評価項目を整理している。
それらの評価軸やそこに含まれる項目が今後どのように変化していくかを検討・整理し、これから先の時代におけるファシリティ品質のあり方や品質評価の姿を考える。

活動計画

昨年同様、今年度も、ZOOM を活用した検討会や、合宿に変わる「各人にとってのファシリティマネジメント」の発表会など、意見交換を活発に行ってファシリティやFMに関する理解を深める。
また、メインテーマについては、2020年度に行った、1989 年〜2019年(平成の30 年間)の社会全般のできごとの振り返りや、ファシリティがそこにどのように関わり変化してきたかについて整理した(ステップ1)内容を踏まえ、ステップ2、3を実施する。

(2021 年)
ステップ2.
近い将来について、社会やファシリティを取り巻く環境がどのように変化するかを予測し、ファシリティやファシリティマネジメントの今後のあり方について、予測する。
ステップ3.
ステップ2で予測したファシリティについて、評価軸や評価項目を整理する。
 

2020年度のテーマと活動内容 【活動報告】

メインテーマ

これから先の世における「ファシリティ品質評価項目」を考える
当部会では、ファシリティの品質とは何かについて探求し、品質を評価するための項目を検討してきた。現在は、安全・安心、快適性・機能性、耐用性・保全性、環境保全性、社会性・品格性、多様性、心理配慮性という7つの評価軸で評価項目を整理している。
それらの評価軸やそこに含まれる項目が今後どのように変化していくかを検討・整理し、これから先の時代におけるファシリティ品質のあり方や品質評価の姿を考える。

活動実績

1.メインテーマのステップ1について、1989 年〜2019 年(平成の30 年間)の社会全般のできごとを振り返りから、欧米の考え方であるFM を「日本人らしいファシリティ」、「日本人らしいFM」という切り口で検討した。
2.パンデミックの中で各企業がどのような対応をとって事業を継続しているか、部会員各自の体験を整理し「コロナに勝つ!JFMA からのメッセージ」の中で報告した。
3.これまで年に一度の合宿を含む施設見学を行い事例等に関する意見交換を活発に行ってファシリティやFMに関する理解を深める機会としていた。しかし2020 年は例年のような合宿や施設見学が困難であったため8月にオンライン合宿を開催し、各自が興味、関心を持ったFM 品質に関わる事項についてプレゼンテーションを行って意見交換した。
 

研究成果 他

ファシリティマネジメントフォーラム ※ JJ:JFMA機関誌「JFMA JOURNAL」掲載

FM秋の夜学校(調査研究部会公開セミナー)

書籍・報告書 他