品質評価手法研究部会 (SCM11)  【固有技術研究】

新着情報

・2015/04/09 【研究成果 他】 の項に「FM品質小冊子」について2件掲載しました

2017(H29)年度のテーマと活動内容 【活動計画案】

メインテーマ

オフィス・ワークプレイスを中心にしたファシリティの品質について考える

活動計画

本年は、テーマを3つに絞り、4回ずつ、計12回の部会によって成果をまとめる。
テーマは次の3つ
   テーマ1:「社員の健康を支えるファシリティ」
   テーマ2:「働く場の適正な品質」
   テーマ3:(未 定)
各々のテーマについて、各回次のような活動を行う。
1回目:テーマについて情報を持ちより、基本的な知識を共有する
2日目:1回目に得た情報を基に議論し、ファシリティとの関連について議論を深める
3日目:講師を招くなどして、1〜2回目で出た疑問などを解決する
4日目:1〜3回目までの結果を整理し、ファシリティマネジャーとしてなすべきことを整理する

2016(H28)年度のテーマと活動内容 【活動報告】

メインテーマ

昨年に引き続き、メインテーマは「サスティナブル -環境及びBCP-」とする。
昨年に続いて事例や基本情報を収集するとともに、これまでに集めた情報を整理し、報告書を作成する。

活動内容

平成28年度は新たに3名の新部会員を迎え、月に一回の割合で計12回の部会を開催すると同時に、部会員有志により現地調査を行った。

  1. サスティナブルなワークプレイスについて議論を深め、危機管理軸とステークホルダー軸を立てた「サスティナブルバランス図」としてまとめた
  2. 環境の観点として、建物への木材利用の意義や動向、留意点などについて、ファシリティマネジャーが認識しておくべき事項を調べ、まとめた。
    事例として、木造庁舎を取り上げ、岩手県住田町庁舎と山梨県早川町庁舎の2件について、部会員が現地調査した。
  3. BCPの観点として、ワークプレイスで誰かが倒れるという体制やAEDのメンテナンスなどについて再認識した。
  4. Iotを活用した部会活動の継続および発展
    2012年より継続して、JFMA会議室と大阪や仙台の部会員の自宅とをインターネット電話サービス(スカイプ)でつないで部会活動を行っている。遠隔地の部会員に参加してもらうことで、防災に関する考え方や、地域開発の様子など、東京以外の地域で起こっていることについても、問題意識を持つことができた。
    加えて、ファイル共有や出欠確認を行うことができるグループウェア(サイボウズLive)を利用して、会議資料の整理や共有化を行っている。インターネット電話サービスとグループウェアを利用すると資料を画面共有して議論できるため、プロントアウトした配布物が減少した。

研究成果 他

部会紹介(PDF)

部会専用ページ

部会専用ページはメンテナンス中です。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願い致します。