FM戦略・企画研究部会 (SCM02)  【マネジメント研究】

2017(H29)年度のテーマと活動内容 【活動計画案】

メインテーマ

年・地域経営と公共FM戦略
・サブテーマ:今後のまちづくりとPRE戦略

活動計画

【研究目標】
 日本は東京などの大都市圏を除くほとんどの都市・地域は人口減少をはじめ様々な状況の転換期にあり、この時期をポジティブに好機と捉えて、新たな価値創出を目指したマネジメントをすべきである。その具体的取り組みの一つが【街づくり】であり、「エリアマネジメント」であろう。「まちづくり」「エリアマネジメント」の事例研究を通じて、新たな価値喪失を明らかにするとともに、そこでのPRE戦略など公共FM戦略の関りを明らかにする。

【研究背景】

  1. 国土強靭化計画、インフラ長寿命化計画、公共施設等総合管理計画などが進みつつあるが、今後の都市・地域の動向や将来像を踏まえる必要がある。
  2. 人口減少、高齢化、少子化、産業の海外シフト等、これまでの経済成長・人口増加・都市の拡張傾向とは逆に「都市・地域の縮退」傾向へと様相変化している状況下、都市・地位この新たな価値創出を目指した都市・地域経営が求められる。
  3. 都市・地域の持続可能な第一要件として【地域経済の自立化】を取り上げ、その取り組み事例を研究するとともに、地域経済分析システムや地域雇用創造チャートを活用して取り組みの効果の検証を試みた。また、その取り組みは公共FM戦略としての「まちづくり」に重なることを確認した。(H28年度研究成果)

【研究視点】
 都市・地域経営におけるFM戦略としての「財務・品質・供給」目標および「World Risk Report 2013」を参考に、都市・地域を5つのサブシステム=経済・環境・インフラ・ガバナンス・社会+アメニティの6要素で捉えることとする。「まちづくり」もこの6要素のどれを対象とするかにより、価値創出の方向が変わる。

【研究活動】
 「まちづくりとエリアマジメント」および公共FM戦略上の重要な資源であるPRE(インフラ含む)活用を中心に、事例研究や専門家・事例関係者の講演を交えて、研究を行う。

2016(H28)年度のテーマと活動内容 【活動報告】

≪部会長:高藤眞澄≫

メインテーマ

転換期の都市・地域のレジリエンス&サスティナビリティの向上
−今後の公共FM戦略の方向性

活動内容

【研究目標】
 日本は東京などの大都市圏を除くほとんどの都市・地域は人口減少をはじめ様々な状況の転換期にあり、この時期をポジティブに好機と捉えて、新たな価値創出を目指したマネジメントをすべきである。新たな価値創出を明らかにし、そのための都市・地域経営に関わる「公共FM戦略の方向性」を整理する。

【研究背景】

【研究視点】
 都市・地域経営におけるFM戦略としての「財務・品質・供給」目標および「World Risk Report 2013」を参考に、都市・地域を5つのサブシステム=経済・環境・インフラ・ガバナンス・社会+アメニティの6要素で捉えることとする。

【研究活動】
 研究目標に関連するサブテーマを設定し、外部講師による下記の講演会を実施した。

【FORUM】
 テーマ「地域毛材自立化と公共FM戦略:RESASによる検証」により、地域の持続可能性のための第一条件としての地域経済の自立化への取り組み事例と検証結果を発表した。

研究成果 他

部会紹介(PDF)

部会専用ページ

部会専用ページはメンテナンス中です。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願い致します。