「コロナに勝つ!」 -JFMAからのメッセージ-

コロナに勝つ!JFMAからのメッセージ

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が続いています。政府より緊急事態宣言が4月7日に7都府県に、さらに4月16日には全国に発令されましたが、収まる気配はありません。少なくとも5月6日までは外出をできるだけ控えると共に、3密を避けるなどの対応が求められています。 
 このような状況の中で、ビジネスへの多大な影響と共に、多くのオフィスワーカーはテレワーク(在宅勤務など)等、業務スタイルの変化を否応なく求められています。感染症対策は、自然災害とは違った意味で人間自身の行動や心理的問題にも大きな影響を与えています。そこで、ここでは、「コロナに勝つ!−JFMAからのメッセージー」と題して、今年のフォーラムのテーマ「人フォーカスの時代−ファシリティマネジメントが拓く未来」を受けて、健康や幸福の考え方、心と体の問題、ワークスタイル、在宅勤務のあり方等々皆様に少しでもお役に立てる情報を、本日から5月連休前まで、ほぼ毎日、JFMAホームページに掲載する予定です。是非ご一読ください。

2020年4月21日
公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎

#01_成田のつぶやき ( JFMA専務理事 成田一郎 )

2020/04/21
#01写真

 新型コロナウイルス感染症拡大により、4月7日に緊急事態宣言が7都府県に、さらに4月16日には全国に発令されましたが、まだ感染拡大は続いています。残念ながら、私は感染症の専門家ではないのでエビデンスに基づいた話や的確なアドバイスはできませんが、JFMAの近況と私見をお伝えして、皆様に少しでもお役に立てれば幸いと、駄文を書かせていただきました。ご一読いただけましたら幸いです。

内容の詳細はこちらから

#02_こころの時代 ( JFMA会長 山田匡通 )

2020/04/22
#02写真

 「心」の問題が強く意識されています。山田匡通会長は「禅」という手段で「心」を追究してきました。禅は宗教ではありません。禅の本質は心の追求、つまり自分自身の追求です。幸せな心は鍛えることができ、幸せな心を育成することができます。「心の追求」とは実は「自分を忘れる」作業なのです。禅の瞑想で「幸せな心」を鍛え、コロナに打ち勝とうではありませんか。
(2月19日FM FORUM2020で講演。JFMAジャーナル2020 No.198 掲載)

#03_テレワークを快適にする方法 ( JFMAユーザー懇談会 )

2020/04/23
#03写真

 JFMAには、「ユーザー懇談会」という実に自由でダイバーシティでポジティブなFMのコミュニケーションの場があります。月一回のミーティングと懇親会はいつも盛り上がっています。その中の4人の有志の方々からメッセージを頂きました。金さん、藤田さん、川村さん、菅野さんの4名です。皆さんのそれぞれの経験から打ち出されたすばらしいメッセージです。題して「テレワークを快適にする方法」。是非ご一読ください。

#04_自己肯定感と自信を育てる力 ( 柳沢幸雄 氏 )

2020/04/24
#04写真

 ハーバード大学で18年教え、ベストティーチャーでもあった柳沢幸雄先生。アメリカは褒める社会だといい、褒め言葉もたくさんあります。人は褒められ、肯定的に受け入れられると自信や自己肯定感が増します。コロナで閉塞感のある中ネガティブになりがちですが、是非ポジティブになり、お互いの良さを褒めあってみてはいかがでしょうか。お互いハッピーになり日本が豊かになります。
(2月20日FM FORUM2020で講演。JFMAジャーナル2020 No.198 掲載)

#05_今への対応、次への備え ( リスクマネジメント研究部会部会長 上倉秀之 )

2020/04/27
#05写真

 JFMAには、調査研究部会が18あります。皆さんポジティブでクラブ活動のように楽しみながらもすばらしい成果を出しています。その一つ、リスクマネジメント研究部会の上倉秀之部会長から、「コロナに勝つ!−JFMAからのメッセージ」に共鳴いただき、ご寄稿頂きました。題して、「今への対応、次への備え」です。「安全」と「快適」はFMの両輪です。巻末には、【参考となるサイト】も掲載しております。是非ご一読ください。

#06_こころとからだの健康 −今、企業に行ってほしいこと−
 ( こころとからだのウェルビーイング研究部会部会長 高原良 )

2020/04/28
#06写真

 こころとからだのウェルビーイング部会は、すばらしい行動力で、4月20日、21日の両日、<身体活動分野>では 宮地元彦先生(国立研究開発法人)、そして<精神保健分野>では 島津明人先生(慶應義塾大学)に、連続でWEBインタビューを実施しました。その結果を「新型コロナウィルスの感染拡大に伴う中長期的な在宅勤務の実施がワーカーのウェルビーイングに及ぼす影響とその対策に関する検討」としてまとめてくれました。大作です。ご一読を!

#07_新型コロナウイルス感染症対応「部会員の状況」
 ( 品質評価手法研究部会部会長 野瀬かおり )

2020/04/30
#07写真

 品質評価手法研究部会の部会メンバーに、新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、どのような状況に置かれているかをヒアリングしました。ヒアリングは、3月28日にメールやグループウエア(サークルスクエア)のTODOリストを使って行われたものに加え、4月18日のSkypeによって開催した部会の内容をベースに、さらにその後の情報を付け加えてまとめていただいたものです。土曜開催なのに皆さん熱い。巻末の感染拡大の経過表も見逃せません。

#08_成功する組織のカギ : 幸せ(Happiness) ( 島田由香 氏 )

2020/05/01
#08写真

 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス且謦役人事総務本部長の島田由香さんは、ソニア・リュボミアスキー教授の言葉を引用し、幸せな人は生産性が30%高く、創造性は3倍になるといいます。そして「幸せである」ことがすべての根源にあり、強みを生かすと幸せ度が高くなるといいます。成功するチームの鍵は心理的安全性であるといいます。今こそ幸せについて考え、コロナに勝とうではありませんか。
(2月20日FM FORUM2020で講演。JFMAジャーナル2020 No.198 掲載)